SEO対策について

需要調査の大切さ

Google検索におけるSEO対策を施す際には、ターゲットとなる
キーワードの設定が重要になります。

キーワードの設定


ポイントとしては、Google検索で具体的に登場するワードであることで、
ユーザーが検索しないワードで上位に表示されても意味がありません。


その為に必要なのが、ユーザー検索に使用されるキーワードの需要調査で、
それが何処に隠れているのが発掘する作業が大事になると言えます。


一般的に利用されているのがGoogle Aewordsにあるキーワードツール及び
キーワード最適化ツールとなっています。


通常では前者をメインにしながら、後者を補助的に利用するのが最善なやり方と言われています。


SEO対策でキーワードの需要調査を行う際に、キーワードツールの設定を
マッチタイプにすれば、ターゲットの月間検索ボリュームを知ることが出来ます。


但し、当ボリュームに関しては厳密な意味で正確性に欠けるので、参考にする程度に留めるのが適切です。


Googleのキーワードツールでは、需要調査したいキーワードによって、
実際の検索ボリュームと異なった数字が表れる事があります。


その為、SEO対策として検索数が殆どないワードを巡って、競争相手と張り合うリスクも生まれるわけです。


場合によっては、価値のないキーワードに対して、無駄なコストをかけてしまう事態にも
なりかねないと言えます。


一方、キーワード最適化ツールでは、キーワードツールでターゲットワードが
見つからない際に利用することになります。

ツールの利用


但し、キーワード最適化ツールにおいても、検索数に関しては正確でない場合があります。


即ち、SEO対策でのターゲットワードの需要調査にとって、Googleが提供するキーワードツールや
最適化ツールに関しては、大雑把な情報しか得られないということです。


それ故、詳細なデータを取得するためには、グーグル以外の専用プログラムを
導入する必要があるわけです。